ちょっと天気も良くなかったので、友人が面白い!とススメテくれた「後妻業の女」を借りてみました。

ざっくり言うと、大竹しのぶ(武内小夜子)が、結婚相談所でお金持ちの老人達から財産を奪い取り、葬ってしまう・・
犯罪なんだけど、コメディータッチで演出されてる映画です。

キャストが豪華、キャスト
大竹しのぶ 豊川悦司 永瀬正敏 尾野真千子 笑福亭鶴瓶 風間俊介 津川雅彦などそうそうたる方達。

豊川悦治(柏木、結婚相談所の所長)が女好きでちゃらくて最高にはまり役、これは女性陣も悦びそう。
途中、鶴光がニセブランドショップの店長?みたいな役で、豊川にニセのバッグや時計を売るのもサプライズ的な
演出でよかった。

公式ホームページを見ると2016年の夏に公開されてるですね。
前情報では、さんまが大竹しのぶの演技は地でやってると笑いをとってましたが、
笑いながらも、驚いたのが、大竹と鶴瓶の濡れ場?シーンがおかしかった!

大竹「通天閣・・いや、スカイツリーや!」と半裸の鶴瓶に絶叫!

さんまとも仲良しの鶴瓶の心境、そしてさんまの本心はどうだったのか?
遅まきながらも、気になって調べていると、ラジオ番組でそのくだりがありました。

スポンサーリンク


明石家さんま:俺も、仕事だからって割り切れるけど、良いもんじゃない。この前、(笑福亭)鶴瓶さんと今度、前の奥さんとドラマやるん ですけど。ずっと俺の耳元で、「お前の前の嫁はんとベッドシーンあんねん」って。

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:「お前の前の嫁はんと、ベッドシーンあんねん」って。「どうでもよろしいわ」って言うて。

保田圭:どう思うんですか?本音は。

明石家さんま:何も思わない。それは全然。仕事やもん。大竹さん、きりないやん。いちいち言うとったら。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:俺、もう離婚してるし。結婚してたら、俺、反対やったわ。鶴瓶さんとベッドシーンは絶対イヤ(笑)

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:鶴瓶さんとのベッドシーンは、絶対イヤ(笑)

保田圭:「どうしても良い芝居だから、やりたい」って言われてもイヤですか?

明石家さんま:あ、鶴瓶兄さんはイヤ(笑)

保田圭:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:ショージとか、間寛平さんとかはイヤ(笑)それが木村拓哉や、織田裕二だったら…木村もイヤか。木村も引き受けないと思うわ。

保田圭:ふふ(笑)

明石家さんま:結婚してたら、鶴瓶さんも引き受けてないと思うよ(笑)後輩の奥さんとベッドシーンって。こっちもイヤやわ。

保田圭:ああ、そうか。

明石家さんま:鶴瓶兄さんは廊下ですれ違うたびに「お前の嫁はんとベッドシーンや」って言うてましたけどね(笑)