最低でも50歳まで現役の意思表示、やっと古巣マリナーズに決まったイチロー。そのイチローを支えてきた、初動負荷トレーニング。ダルビッシュも取り入れたり他にも多数有名アスリートが使用して成果をあげている。そんな地上波にも何度も登場した初動負荷マシーンとは?

スポンサーリンク


イチロー が初動負荷トレーニング を実践する。従来の筋トレ否定!?動画で見るイチローの実践姿

先日3ヶ月以上の長きにわたった長期戦の末に、古巣マリナーズへ、帰り咲いたイチロー。
最低でも50歳まで現役を続けたい、強い意志表明もした。
そんな、イチローのカラダを支え続けてきた、初動負荷とは?

ネットでは、初動、最初に負荷をかけるトレーニングとそのままの説明をされてる方も
少なくないですが、初動負荷の創始者である小山裕史氏自身が「動作の最初に負荷をかけるトレーニングではない」
とコメントされています。

実際に初動負荷マシーンをジムでやってみた感想

実は、昔のゴルフダイジェストに初動負荷特集なるものがあり
それに感化されて、相模原にある初動負荷のジムに私自身が一年ほど通っていました。
(お金の都合で一年ほどで退会しました・・・)

独断と偏見?で、感想報告。
それは、初動負荷マシーンとは動的なストレッチマシーンです!
トレーニング後になぜか?血圧やら柔軟テストをするのですが
数値が良くなっていることがほとんど。

ただ、軽めの負荷でやるのもあってかやった感がほとんどなく
はた目にもガシガシとやってるように見えません。
ダルビッシュも軽そうです・・


実際かなりハイペースの
連続でマシーンをやっても息もあがらず、不思議な感じです。

最初に印象的だったのは、ジムにありがちな自転車や歩行(ランニング)マシンが一切なかったことです。

トレーナーの方曰く、正しくカラダを動かせば、アップは要らない!
マシーン自体がそれを誘導するので、ケガはしない・・

確かに、NHKスペシャルの中でも、イチローが初動負荷マシーンを
やった後に、いきなり全力投球してましたね・・

実際は、軽めの負荷で動的ストレッチ的な繰り返しなので、ウエイトのように
乳酸がたまって、回数を重ねるごとにどんどん疲弊していく感じがしなかったです。

驚くのは・・
普通だと、例えば、ベンチプレス15回を3セットやるにしても、
1セットやって必ずインターバルで休みながら続行するが・・

休まない・・

さすがに同じマシーンで同じ部位を連続はやらないが、
他部位、(例えば、脚やったら肩)なら、間髪いれずに実施。

もちろん、休みながらゆっくりやっても良いが、わりと多くの方が、
淡々と連続的にやってましたね。早く帰れるし(笑)

ただ他ジムに比べても、月謝がちょっと高いのと、家から遠かった・・(泣)
また近くに引っ越せたら通ってみたいです。

イチローに感化されたダルビッシュも初動負荷導入


スポンサーリンク






報ステで過去に、稲葉氏からのインタビューの中で、
今時のカラダを大きくするトレーニングを全否定していたイチロー。
実際イチローもかつてウエイトでカラダのキレをなくし動けなくなった過去も吐露。

筋肉は鍛えれられて、カラダは大きくなったは良いが、その支える
関節や腱は鍛えられない・・
なんだか、暗にケガするよと言われてる感じです。

一時は、そのイチローにその肉体改造を否定されかかった、ダルや大谷だったが・・

そんなダルが自身のチャンネルで自ら初動負荷を実践し解説までしてくれてます。

みんなの声

初動負荷 肩甲骨周辺を鍛えるマシーンを解説 / Yu Darvish
ダルチャンネル毎日見てるけどダルビッシュを近くに感じたいだけと言う

ダル信者だから筋トレ始めたし、昨日もデッドリフトで追い込んで今朝から身体バキバキで辛いのに

ダル最近筋ウエイト比率減らして初動負荷トレに言ってて草も生えない

ダルの初動負荷動画クッソわかりやすい

ダルビッシュ投手のB.M.L.T.(初動負荷)カムマシンの動画が話題です。ダルちゃんは、凄い凄いと感動されているようです←小山先生談(^^♪n ”

ダルビッシュの動画を観たら、初動負荷トレーニングを始めたみたいで驚いた。まだ進化する気らしい。ダル経由で大谷にも伝わって欲しい。

ダルは今でも初動負荷トレーニングをしているのか気になる

スポンサーリンク




内川選手が語る初動負荷マシンの体感コメント

ソフトバンクホークスの内村選手もイチローつながりで、2014年の11月に初動負荷トレーニングをはじめました。
初動負荷トレーニングが内川選手を強烈にサポートしてます。

内川「毎年足をケガをしていて、新しいことに挑戦しケガを防ぎたいと思っていた。関節の可動域が広がる楽しさを感じながらやれているし、力を使わなくてもこんな動くんだという驚きがある」、
「シーズンで構えが決まらないときもあって。機械を使って姿勢を決めたら、構えも安定した。近くに置いておきたい」