56歳にして、恋もしたいとライザップで、美しさを取り戻した石田えり

いやぁ、石田えり、昔から可愛いいし、艶っぽいし・・魅力的です!実にナイスバディーで素晴らしい!
そもそも本企画以前から60歳になったらグラビアをやろうと思っていたといい、「還暦でグラビアをやっている人はいないだろうって。
そしたら56歳でRIZAPさんから偶然お話を頂いて、60歳になる前にやりなさいって天から言われている気がしたんです」とダイエットに至った経緯も説明。

実は、50歳になってからサーフィンを始めるなど、自己流に頑張っていた石田だが、なかなか成果を出せずに、そんな時に
ライザップがタイミングよく・・

石田えり56歳、ウエスト14.5センチ減で23年ぶりのグラビア に

今年2月からダイエットに挑み、ウエストは14・5センチ減。体脂肪は17・8%にまで落とし、ボディービルダーのようなムキムキの体つきに大変身!
「内臓脂肪はほとんど0。お尻がペタッとして下がっててシワがたくさんあったけど、今はシワは2、3本です」
「もう1回、青春。目標は恋人(をつくること)です」と笑顔で宣言

内臓脂肪がほとんど0っていうのは驚きです!

石田は、20代で出演した映画「遠雷」(81年)でヌードを披露したり、93年にはヘアヌード写真集「罪」を発売。
最近は母親の役などが多いが、元々はナイスバディーで、男性諸氏の人気も高い。


石田は23年ぶりに水着姿になり、宣言通り現在発売中の「週刊現代」でグラビアに挑戦している。
若い時の写真集も、もちろん良いが、熟年期のグラビアも非常に注目度が高い。

ただ、往年のファンからすると、腹筋は割れなくていい・・かなぁ
なんと言っても、石田えりの魅力は豊満さ!