亀田興毅 が1戦目で不利な戦いを強いられた、神風永遠を再フォロー


ボクシング元世界王者の亀田興毅さんが、8日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演。5月7日にインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送され、1420万視聴というAbemaTVの史上最高視聴数を獲得した番組「亀田興毅に勝ったら1000万円」の裏話を地上波初告白する。

村上ショージさん、ジミー大西さん、勝俣州和さん、ダイアモンド ユカイさん、乙葉さん、横澤夏子さん、女流棋士の竹俣紅さん、「AKB48」の横山由依さん、「関西ジャニーズJr.」の道枝駿佑さん、お笑いコンビ「三四郎

 「亀田興毅に勝ったら1000万円」は、亀田さんが全国から集まった“けんか自慢”の4人の素人とボクシングで4連戦するという内容で
結果4戦全勝に終わったが、カラダはボロボロ状態だった・・

亀田「初めは断った。リスクしかない。万が一、なんかあったら。それに、亀田といい試合ができたから(ほかの)誰かに勝てるかも、なんて言う人間が出てくるかもしれないと思った」
「客観的に見て面白い企画だなって思った。(いろいろな人に)ボクシングをもっと知ってもらいたいという思いから引き受けた」とコメント。
松本もこの企画については、「これは面白い!いいとこ目付けた!」と賛同。

 亀田「(引き受けてから)なかなか大変でした。試合まで3週間しかなかった。走ることから始めて、全身筋肉痛で次の日、起き上がることができなかった。その時に、なんで俺引き受けたんやろ・・」

実際の試合については、「2試合目の終わりくらいで足をつった。それ以降は試合が終わる度に足をアイシングしてもらって、だましだましだった。きつかったわ」とギリギリの状態であった。

最初の、試合の相手、神風永遠(かみかぜとわ)が一番、亀田が元気でまだ、足もつってない状態で戦えた。


スポンサーリンク





「アゴパッカーン言ってたホストの子は可哀想でしたよ」


・・とアゴぱっかーん・・試合開始でサーバー同時パッカーン・・と話題をさらった、神風永遠をかばった。

時間が短い中、何かと一番注目をあびていた神風永遠の頑張りをねぎらった。