みんなのニュースでの独占インタビューで名言出ました!

昨日(10/22)、台風そして選挙のさ中の、因縁の世界戦。
不可解な判定負けから5ヶ月・・
村田諒太(帝拳)は、その判定に対しては、決して言いわけをせずに
練習に励んできた。

村田は、 圧巻の強さでアッサン・エンダム(フランス)との因縁の対決を制した。

一夜明けての、村田独占インタビューが「みんなのニュース」で放映された。
インタビュアーは、きくちゃん(西山喜久恵)

名言連発!?王者の秘密


スポンサーリンク






西山:(前回と)何か戦い方を変えた?
村田:もう「負けるわけはないんだ」って気持ちで試合に臨もうと思っていた。

同じ相手に負けるはずがないと強い気持ちで日々の練習をこなしていた。

そんな、強い気持ちの現われを、西山は村田の入場シーンの自信にあふれる笑顔に感じていた・・
実際、西山の10歳になる娘も、村田の入場シーンを見て「ママこの人カッコいいね」と言っていたようだ。

西山:何かを圧倒していたような「すごみ」を感じたんですけど
村田:最後の最後は神のみぞ知る・・と、ボクサーはよく言うんですよ、
    負けたときは・・「今日は俺の夜じゃなかった・・」と。
   今回は、たまたま「俺の夜だった・・」と

スポーツ紙の一面を独占した村田、テレビ出演やら何やらとにかく忙しかったはず・・
村田:「忙しいのはありがたいことです」
「不自由の中にしか自由は感じられない・・」

と名言出ました!
これには、インタビュアーのきくちゃんも思わず「カッコいい!」と声をあげた。

きくちゃんも、村田をグローブを付けた哲学者と絶賛!
実際に、メンタル面の勉強もあってか、ニーチエなど、哲学書などもよく読んでる村田。
そのコメント力も相当なもの。
これからも、益々注目を浴びていきそうです。

スポンサーリンク




村田。念願のチャンピオンに輝き・・男泣き!?

どう見ても、泣いてるようでしたが、村田「泣いてません!」

しかし、そんな村田に海外メディアは手厳しい言葉が・・
ミドル級はWBA世界スーパー王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)ら猛者揃い。海外メディアは、頂点を狙う強力な挑戦者たちから「破壊されてしまう可能性がある」と厳しい・・・
日本人王者は“世界の目”を覆して欲しい!

スポンサーリンク