三軒家万智に抱っこされてた赤ちゃん?は誰の子?出生の秘密とは…?!

【スペシャルドラマ】「家売るオンナ」がスペシャルドラマとして帰ってきました!
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「帰ってきた家売るオンナ」
5月26日(金)よる9時放送[日本テレビ]


「私に売れない家はない」「GO!!」が口癖の三軒家万智(北川景子)。
であり得ないほど、実際に家を売りまくってきた。
最終回では屋代(仲村トオル)と共に南国へ・・「テーコー不動産 新宿営業所」を去ってはや2年。

美しい海の見える町で、三軒家万智と屋代が不動産を営む・・・そんな前回のラストシーン・・
そこへ、庭野(工藤阿須加)が訪れるシーンから始まる。


そこには、屋代課長(仲村トオル)と一緒に、なんと赤ちゃんを抱きながら歩く三軒家万智がいた!

三軒家に好意を寄せていた庭野が「そのお子さんは…?」と尋ねると、三軒家万智は「家を売るためです!」と
相変わらずのドSに答える(笑)
実際は、どうなんでしょうか?

ドラマ内では、白洲美加に容赦ない三軒家だが、現場では甘々・・

              

【家売るオンナスペシャル】あらすじ

三軒家万智(北川景子)と屋代課長(仲村トオル)がテーコー不動産新宿営業所を去って2年。再び売り上げ不振の窮地に立たされた新宿営業所を救うため、庭野(工藤阿須加)は「サンチー不動産」社長となった万智の元を訪ね、助けを求める。しかし、そこで目にしたのは、まるで家族水入らずといった風情で海岸に佇む万智と屋代、そして万智の腕に抱かれた赤ん坊の姿だった…。ショックを受ける庭野をよそに、翌日営業課に期間限定バイトとして現れた万智は、早速クセのある客に鮮やかに家を売ってみせる。

次の日、営業課で着ぐるみに入るバイトをしている怪しい有閑老人・一ノ瀬定男(笑福亭鶴瓶)は、現地販売イベントでの万智の営業手腕を見るや着ぐるみを脱ぎ、自分が買うと言い出す。バイトを装って信頼できる不動産屋を見極めていたという定男は、絶縁した娘家族のために同居する家を買ってやり和解したいと語るが、万智は何故か売らないと突っぱねる。怒った定男は、ダメ社員・美加(イモトアヤコ)を使ってある作戦に出るが…。

さらに、営業課を訪れた生意気な有名子役と頼りない父親(要潤)に振り回される庭野、極貧シングルマザー(芦名星)のため奔走するチーフの足立(千葉雄大)も巻き込んで、万智が思いついたエキセントリックな解決法とは!?そして、謎に包まれた万智と屋代の関係、赤ん坊出生の秘密とは!?