泰葉からも視聴者からも・・和田への不満が少なくない・・

TBS系の連続ドラマ「小さな巨人」で26年ぶりに連続ドラマに出演している和田アキ子。
「和田だけ浮いてる」「棒読みすごい」「いつもより小さく見える」など

和田アキ子の演技に視聴者の厳しい意見が後を絶たない・・

女優業も不評だった和田アキ子

 和田が出演している同ドラマは、長谷川博己演じる主人公のエリート刑事が、出世街道を外れたものの
、警察内外の「悪」と対峙していくストーリー
。和田は新章に移行した第6話から登場。森友学園問題を彷彿とさせる学校法人の悪徳女理事長を演じている。

和田がお昼に同じくTBSで「アッコにおまかせ!」の生放送もあり
、6話の放送当日の21日に和田はしっかり番宣を行っていたものの、その演技がかなりの不評だ。

実際、ドラマ内で学園の講堂シーンでも、声が出てない和田。
和田は緊張のためか声がふるえ、何度もNGを出す。

スタジオ収録ではせりふが出てこないこともあり、
長谷川が「僕もなかなか覚えられないんですよ」とフォローする場面も。
そんな和田だけに、もはやせりふをつっかえなければOKが出るレベルだというのだ。


スポンサーリンク





「歌手としてもすでに声が出なくなり、去年の紅白歌合戦は落選・・
女優業に色気を見せ始めたようだが、ネット上でその大根ぶりに批判が殺到。
歌手としても女優としてももはや世間的に無理な状態・・」(芸能記者)

「リアル巨人?」といった、和田に対する意見や、そもそも和田アキ子が嫌いという人たちが少なくない。

多くは「和田アキ子が出るから、見ません」という冷たいツイート。

梅沢富美男さんとセットで嫌われている様子も見てとれます。

泰葉から攻撃を受けた直後の和田がレギュラーに加わったドラマ『小さな巨人』(同 )の出演者やスタッフはいい迷惑だ。『小さな巨人』は、和田が初出演した週の視聴率がダウン。業界内では、原因は視聴者の「和田アレルギー」が出たなどといわれた。もちろん因果関係は証明できないが、嫌いなタレントランキングで常連になっている和田が業界内でお荷物扱いされているということだろう。今回の泰葉の告発を、“ご意見番”気取りの和田にお灸を据えるという意味では歓迎する向きも多い

和田の演技に対しネット上では辛辣な指摘が相次いでいる。

 なお、和田の女優仕事は、2015年放送の『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)の“男”役ぶり。連ドラのレギュラー出演は、1993年放送のNHK連続テレビ小説『ええにょぼ』の看護士役以来、24年ぶりとなる。

「和田と梅沢という2大“嫌われタレント”に悪役を演じさせることで、視聴者の感情移入を促す狙いでキャスティングされたようですが、とにかく和田が緊張しすぎ。声に覇気がなく、淡々とカンペを読んでいるかのよう。猫背で手元もモジモジしており、理事長らしい迫力がまるでない。これでは、わざわざ和田をキャスティングした意味がありません」(テレビ誌記者)

スポンサーリンク




「小さな巨人」和田アキ子へ・・視聴者の声


梅沢とみおと和田アキ子の演技がひどすぎる

敵は味方の中にいると痛感させられた回だった。 香坂と山田は身内に裏切られたけど。 和田アキ子と梅沢富美男は悪役上手いっすね。 来週の最終回も楽しみです。

梅沢富美男と和田アキ子の演技の下手さがヤバいな。周りがうますぎるのかもしれんがちょっと・・・。ヤスケンさんまで退場になってしまった。最終回でどうやってひっくり返すんだ。絶体絶命すぎる。

9話。自宅謹慎を命じられたら家にいた。都合良すぎる。捜査1課の刑事はみんな世に出ない罪を被ってのか背負ってんのか、無法者の犯罪者集団じゃねーか!和田アキ子の演技は笑っちゃうんだけど、存在感はある。今回はオネエキャラはいなかった。刑事の勘と覚悟。敵は味方のフリをする。 

攻撃しても絶対倒せない小野田一課長は怪物だな(;゚д゚)でも和田アキ子の演技がヘタで棒読みだったのが残念(>_< ) ついにアッコ逮捕!あのシーンの演技は上手かったと思う。長谷川博己の怯えた演技は絶品。 和田アキ子が鉄骨を軽々持ち上げて落としたってオチか。それにしても和田アキ子の大根ぶりほ酷いな。 和田アキ子だけコントみたいでわざとらしい。 ドラマの邪魔

スポンサーリンク