内田監督の置かれる立場は四面楚歌、悪質なプレーの最高責任者で、その
大本の原因を作った内田監督。ついには、大怪我をさせた宮川選手は告訴される事態に。
内田監督の力は絶大で就職に大きく響く影響力を持つ。

内田監督には絶対服従の構図

普段から、えげつないほどの風通しの悪さであろう、内田監督の周囲。
基本的には、イエスと言うしかない。何度も戦ってきた相手側の学校名の読み違いからも
想像に難くなかった。
かんさいがくいん、かんせいがくいん・・
事件の起こる前にも、何度もいい間違えしてたはず。
それを誰も内田監督にそれは失礼だから
と間違えを指摘できなかった内田体制。


スポンサーリンク






日大アメフト部で絶大な権力を握っている内田監督には部員の誰もが絶対服従を強いられているという。

絶大なる権力、内田ルートの及ぶ範囲はアメフトだけではない・・

関係者によれば「内田監督から指示を出され『NO』と言えば、その人物は部内での居場所がなくなるどころか、自分の将来にも悪影響が及ぶことになる」

「内田監督からの指示や指導法に背けば『お前は、もう二度と試合では使わない』と言われ、冷遇される。それだけなら、まだいい。実はその後、さらに深刻な事態に直面する可能性が高まる。

 “内田ルート”によって大学を卒業してからの就職口も凍結されてしまうから、路頭に迷うことになってしまうのだ。だから選手たちは部で生き残るため、おかしいと思っても監督の指示には逆らえず言う通りにしなければいけなくなる。そういう構図は昔から日大アメフト部にはあった」

「一流企業の人事担当者たちも内田さんのところでアメフトをやっていたのならば、主従関係の大切さも身をもって叩き込まれているから安心という意識を持っている。実際に日大アメフト部出身者で一流企業に就職したOBは星の数ほどいる。いろいろな大手企業に散らばっているから、内田さんが『今度ウチの○○がお前のところに入りたいと言っているから、よろしく頼む』と言えば“ツルの一声”でスンナリ入れるルートが各一流企業に構築されている」

日大アメフト部OB「もし内田監督から嫌われたり、自主退部したりしたら『○○は使い物にならないよ』と各一流企業の人事担当者に通達されてブラックリスト入りしてしまう危険性もある。だから部員は是が非でも監督にだけは逆らえない環境が整う」

内田監督は日大内部でも常務理事の人事を担当するなど重責を担っている。また日大保健体育事務局の「長」としてアメフトだけでなく日大の体育会全体を取りまとめる立場.

みんなの声

まあこれを読むとは思えないけど、日大アメフト部のOBの皆さんへ。監督やコーチへの恩義や派閥にしがみついて内田ルートとやらの既得権益を守り続けるならそれもよし。立ち上がって声を出し監督やコーチ、大学や連盟の過去の悪事を暴いて日大選手を守る方にシフトするなら、お早めの決断がお得よ?

悪質タックル成功:内田ルートで就職 悪質タックルしない:スタメン外される 悪質タックル失敗:日大サイコパス構造を暴露

内田ルートで大手企業に内定を有利に斡旋しているだと、そんなことをする学校は腐っている、そんなことをしなくても「君たちの実力で将来をつかみ取ってこい!」が言うのが当たり前だろう、内田は本当に腐っているな

大学内部では以前から「とにかく、あらゆるところに顔が利いて不祥事のモミ消しなど危ない根回しも容易にできるポジションにいる。それぐらい権力が集まっていたから本人も『自分こそが絶対に正しい』と勘違いするようになっていたところがあった」

なんだかこれは、日大アメフト部に限ったことではない気がします。
労働者と雇い主は対等とは言っても実際はそんなことはない。
正しいか正しくないかだけでも通用しない。

警察ではないですが、力がないと、正義も通せない社会の縮図を痛感させられました。

スポンサーリンク