今回のクレージージャーニーは大人気企画、爬虫類ハンタ加藤英明の爬虫類探索の
旅。南アフリカへ・・本命の変わった形のとかげやヘビ食いオオトカゲに
出会うまでの寄り道でも、俊敏な飛びつきハントを披露する加藤。とれだかがすごい・・

加藤英明が謎の15分がかりの格闘の末、ゲットした・・

お目当てのものではないが・・南アフリカの固有種「ヨロイトカゲ」を横っ飛びでゲット!
加藤曰く、鎧のようにカラダが固い、見た目は可愛い

そんな中、岩肌にあるほんのわずかの隙間へ逃げ込む何かを
尋常でない速さで加藤が何とか捕らえた・・

しかし、どうやら尻尾をおさえたものの、隙間の奥へと深く逃げ込まれてしまい
中々引っ張り出せない。しかも、全身がトゲトゲに包まれたトカゲ。
とにかく痛い・・そして、気温も30度越えの暑さ。
加藤も「キツイ・・」を連発。


スポンサーリンク





なんと見た目地味ながらも、この状態で15分も格闘。
一瞬の隙をとらえた加藤が引っ張り出したのは。

お目当てであった「アルマジロトカゲ」

自分で自分の尻尾を噛んで、トリなどの外敵から食べられるのを防ぐ

そして、なんと丸くなって岩から転げ落ちて逃げる・・
丸くなることで、よりトゲトゲのカラダの塊となり、口にくわえずらくさせる・・

アルマジロトカゲは素早く動けないが故に生まれた?
不思議ながら非常に効率の良い緊急避難

お得意のフレームアウト猛ダッシュで、やっとの思いで
お目当ての「ノドジロオオトカゲ」を見事ゲット。

爬虫類行くところどこでも行きます!と力強いコメント。

PS 加藤英明に帯同している、タメ口連発の浜田Dの行く末は?

スポンサーリンク


回を追うごとに、年上の加藤にタメ語連発の浜田Dに松本はじめ、クレージージャーニーのレギュラー陣
が辞めさせれば!?の助言?

これには、加藤も換えられるんですかと、冗談まじりの笑顔でこたえていた・・