吉野七宝実の干物カレンダーが待ちきれない

アウトデラックスで、大好評のグラビアアイドル、吉野七宝実の干物グラビアカレンダー。待望の続編がオンエアされた。今回は、まだカレンダーが完成してないので、残りの月を埋めるべく、吉野七宝実は、自らその材料となる、魚を捕獲するべく。荒れる、大海原へと向かった。なんだかんだと、8月までが出来上がった。

マツコも欲しいと絶賛、吉野七宝実の干物カレンダーは芸術性も高い


2021年1/21日の第一弾の放送からはじまった、今回は第三弾の人気企画。
厳しめのマツコが久々に欲しいと言うほどに非常に出来栄えの良いカレンダー。やはり、季節の魚を、月ごとに追いかけるので、まとめ撮りは出来ない。
もうしばらくは、かかる感じですね。
いまや、干物グラビアアイドル・吉野七宝実として有名だが、干物以外でも水着写真集やDVDも出す、アイドル。


得意の釣りを活かしてのアート的なカレンダー作り。
今でこそ、アウトデラックスでの登場はなれたかんじであるが、最初の魚でカラダを隠して、グラビアにする発想はインパクトあり過ぎでした。
なんだかんだと、もう第三弾となる6/24日放送の『アウト×デラックスSP』で人気のアウトカレンダープロジェクト。

 自ら釣った魚を身にまとい、カレンダーを作成する同プロジェクト。第1弾では荒れ狂う海でマダイやマハタを釣り上げ、第2弾では東京湾のモンスター・クロアナゴ、幻の深海魚・アブラボウズを釣り上げ、

 「ここからが第2章のスタート」と語る吉野は、新たな挑戦として「シースルーグラビア」を行うと宣言。今回は6~7月のカレンダーを作成するために釣りロケを敢行し、吉野が若干苦手だという、ルアーフィッシングで“ある魚”を釣り上げる。東京湾の怪魚ともまさかの遭遇を果たした今回の企画で、魚を愛する吉野が新境地にたどり着く。

自ら釣った魚での作る干物カレンダー。吉野七宝実はガチの魚好き

荒れる海に自ら出向いて、なかなか釣れない魚を釣り上げたり、それを、業者用?かと思う、特大まな板で見事にさばいて、三枚におろしたり。

釣りだけでなく、調理の腕前も凄い。見た目のギャップもあいまって、これは、見入っちゃいます。

干物カレンダーもエロいだけでなく、実に芸術性が高い。はやく欲しい・・

前回のアブラボウズなどは、滅多に市場に出ない魚をなんなく釣り上げた
超持ってる吉野七宝実