EXD44芸能界ケンカ最強を小沢仁志が解説

2434PV

未分類

小沢仁志の大きなる手助け、それを頼りに、ジャーナリストの久田将義と、プロインタビュアーの吉田豪が、「芸能界でケンカ最強は誰なのか?」を勝手にランキング!)、錚々たるメンツが勢ぞろいした見応え十二分の番組が放映された。

芸能界ケンカ最強都市伝説を小沢仁志が深堀する

さらに解説者として、自身も“最強”のひとりとしてウワサされる小沢仁志が「俺を巻き込みやがって!」と
ぼやきながらも自らが体験した芸能界のケンカエピソードを交えながら解説。

大物俳優やミュージシャンの驚きの都市伝説や、意外な人物の名も続々飛び出す! 果たして“芸能界ケンカ最強”は誰なのか!?

まずは、久田と吉田豪がゲスト参戦してくれた小澤に問う。
「芸能界入りのキッカケがスリリングだった?」

小沢は芸能界入りするかヤクザになるかの二択だった・・

まず久田が第一候補に宇梶をあげた。
すると、小沢は、ガキの頃からの知り合いで、他にも、布施博、柳葉、片桐とも
よく会ったりする、不良のたまり場があった。

ともかく、いい奴だが、ジョニーは酒乱で、だれかれともなくケンカを売る・・
小沢も何度、止めにいったか数え切れない。

小沢が言うには、たまり場仲間で、毎日ケンカばかりしていた。(番組では、実際そのケンカ内容は明かされなかった・・)

そして、そのたまり場(酒場)で、小沢が出会った、すごい漢が谷村好一だった。

その出会いも、衝撃的で、座って飲んでる時に、お前が小沢か!!っといきなり
ぶん殴られたと小沢が語った。

その谷村、ある時、現役のキックボクサーにボコボコにやられながらも
最終的には、一発のパンチでしとめた!

その、メンタルに小沢が敬意を込めて「一歩も引かない」枠も追加。
そういった意味では、南こうせつが、新幹線内で騒ぐヤクザを
一喝したのもすごい!あのフォークソングのイメージとギャップが大きすぎ。

ビジュアル系のヨシキやガクト、吉川、氷室・・
吉川のエピソードも唖然とするものだった。水辺ならG馬場にも負けないとかつては有名なセリフを残していた。
ある日、部屋で友人と飲んでいた時に、尾崎豊の形見のギターを
友人に蹴られた。怒った、吉川がプロボクサーでもあるその友人の肋骨と歯をへし折った(示談になったよう)
そんな吉川が認め、布袋もビビッていたのが氷室だ。



もう、亡くなったが、安岡力也、渡瀬恒彦などなど、候補が多くて
かなり混沌としてきた。

しかし、手書きでホワイトボードに、ガチ枠やら枠をいくつも設けたり、やり直したり

他番組ではあるが、「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、中野英雄が、番組MC・原田龍二の弟・本宮泰風について力説している。

スタジオでは番組アシスタントのミッツ・マングローブが「ケンカが強そうな有名人」をまとめたフリップを出した。

中野をはじめ、哀川翔、竹内力、藤岡弘、岩城滉一、千葉真一、白竜など、そうそうたるメンバーの名前が列挙されたフリップを見ながら、中野は「本当に今現在で強いと思うのは、本宮泰風といって、(同番組の)司会者の弟」と打ち明けた。
中野は、本宮について「レベルが全然違います」「格闘家だったので余計ですよね」と熱弁し、原田も、自身よりも本宮のほうが体格が大きいのだと明かす。

さらに中野は、過去に「兄貴とケンカしたことはないのか?」と本宮に尋ねた際、本宮から「うちの兄貴はバカじゃないですから」と返されたと明かして、笑いを誘った。

中野の話にミッツは「そんな冷静になれる人が、松本明子と結婚しますかね?」と疑問を呈すると、中野は「あんな不思議な夫婦はないんですよ」「家に行ったら最高におもしろい」と絶賛していた。

そして、かなり、真面目に小沢が順位づけしていって。完成したのが下図。


順位付けには「実話ナックルズ」元編集長の久田将義とプロインタビュアーの吉田豪、
そして小沢自身が生体験を本に最終決定した。

しかし、最後に小沢が周りから何言われるか・・とボヤいた。
色々と、レジェンド枠など工夫をこらすて頑張った。

だが、ケンカ自慢の友人多数の小沢だけに面倒くさいことに参加してしまった。



【レギュラー出演者】バカリズム、YOU 【スタジオゲスト】有野晋哉(よゐこ)
【VTR出演】小沢仁志、久田将義(元実話ナックルズ編集長、現TABLO編集長)、吉田豪 【EXD44】テレビ朝日若手ディレクター

追記:小沢仁志の豪快伝説

俳優人生36年目、小沢仁志が今までに出演した映画は約190作品。
Vシネマなど500本以上に及ぶ。日本を代表する悪役俳優。

ニックネームは顔面凶器。しかし、これは中野英雄が笑っていいともに出た時に、顔面暴力といったのがはじまり。
それが、いつの間にか転じて、顔面凶器そして今では顔面兵器に変わろうか!?という感じだと小沢は言う。

驚きの豪快伝説は、ジープに乗り込んだまま、ジープに爆薬が仕込んであり、小沢がダイブして20M の
崖下へ・・

これは、スタントマンなし、下が火山灰でクッションになるから出来た荒技。

更に、今までに撮影で骨折した回数が半端なかった。
その数なんと48回・・

かなり考古学が好きで、勉強はもちろんのこと、
海底を調査する時のことも考えてスキューバーダイビングの免許も取得済みという
かなりの本気度。

ページの先頭へ