警備員の研修、厳しさは会社によりけり

いくつかの警備会社を転々としましたが、どこも、採用されてからの大きな流れは変わりません。まずは、法定研修を受けることが義務づけられています。大手の警備会社では、合宿所があって、泊まり込みで1週間近くの厳しい研修がありました。テレビでも紹介された大手ほど厳しいのは例外的です。おおむね不安になることはないです。

研修のための専用施設が整っている、大手警備保障の厳しい研修

テレビでも、何度か紹介されたことのある、地獄の研修模様。自分が体験したのは、かなり前。当時は、勤務は関東でしたが、研修は大阪へ、新幹線で行きました。正確に、何日間だったかは、定かではないですが、大阪の研修施設へ泊まり込みの研修を受けに行きました。

掛け声、挨拶、とにかく、声を張り上げる、小声はダメ!
大きい声出しも必要だが、気合いが入ってなければ、族を撃退できない・・と

まずは、この応援団のような、声出しレベルに凄いところに来てしまったなぁと不安になりました。

時間厳守で、5分前には指定場所には全員集合。規律を徹底的に守る。破れば罰則


例えば、集合時間は、指定時間の5分前に整列してなければ、アウト。
なので、訓練の合間など、研修中は常に気を張った状態が続いていく。
夜間でも、気は抜けない、ランダムな急な点呼などがあったりもする。

要は、普段の仕事、待機時間(一般の仕事なら休憩時間)でも、警備の場合、何か事が起これば、直ちに応援に急行する。
ベッドのシーツなども、耳の出ないように、きっちり指定どおりに、セッティング。

教官が確認に来て、ミスがあれば、腕立て伏せなどの罰則、やり直し。
ミスには原則ペナルティーがセットになっている。

数名でのグループ、班で動くことがおおいので、自分は出来ても、誰かがミスれば連帯責任。
ミスには、罰則として、腕立て伏せやスクワットなどが必ず課せられる。

その回数が基本100回とかだったので、まぁ、ほとんどの人ができない。

さすがに、教官が叩いたりとかの、体罰的な喝を入れることはないが
とにかく、大声で、何やってんだ!的な圧は、容赦なく、かけまくってくる。

なので、自分なりの限界でストップし潰れるのではなく、腕が限界でも、プルプルしながら

腕立ての体勢だけは、キープするなど・・・
まだ、続ける気持ちはありますの気合いを見せなければいけない。

結局、教官も罰則を与えると、一緒に腕立て伏せをやりながら、周りへ喝を入れまくる。
ただそこは、怖いだけの教官ではない。
桁違いの体力で、仕事のスキルも高い。実際に腕立て100回など、教官にとっては余裕・・凄い方達でした。

他にも、敬礼から行進など、普段やらない動きを、厳しく叩き込まれ、初日から、疲労困憊。
翌日などは、筋肉痛になりましたね。

大手警備会社は、確かに厳しい研修でした。体力面も大事だけど、気持ちの強さがもっと大事

当時は、かなりの人数の研修でしたが、なんだかんだと、試練がありましたが、ほぼ全員といっていいくらい脱落者なく研修をクリア。

ほとんどが男性研修生の中、わずかに女性もいましが、過酷な腕立て伏せ罰則なども、乗り越え研修終了。

動画などで見ると、かなりの激しさに戸惑うかと思いますが、徒に不安になることはないです。
結局、ふるい落とすためのものではないです。

体力があって声がでかいに越したことはないですが、それよりも、強い気持ちを注視しています。
教官はミスにも反応しますが、本気度の足りない研修生を見逃しません。

例えば、実際に、火を燃やしている状態の場所に、消火器で消す訓練があります。
一つ一つの動作をやるが、皆、初めての事で、中には、やり方がわからなくなる方も。

そこで、何をしてるんだ!と怒られもしますが、教官が最も激をとばすのは、消火活動中の声出しに気合いが足りない研修生。
乱暴に言えば、例え間違っていても、真剣にやっていれば、研修中なので許容範囲です。

真剣さ度合が無いものは、帰れ!的な、容赦ない圧がかかります。

もちろん、声の出る出ないは個人差が大きいけれど、その人なりのいかに真剣に取り組んでいるかを実によく見ていました。

教官が言うには、腹から声でてれば、喉は痛めにくいといってましたが、中々そう上手くもいかずに、研修中は
かなり喉が痛かったです。当時は、紅茶でうがいなどして乗り切ってましたね。

出来れば、のど飴的なものは持参しておくとよいかも。

ある程度研修が進むと、警備の種別研修も行います

研修は、会社や時期によるとは思いますが、基本教練などがある程度進むと、常駐、輸送、機械など
警備の種類によって、別々の研修を受けました。
自分の場合は、大手では現金輸送で面接採用されていたので、輸送の教官に、実際の現金輸送車の構造やら、実際の業務上の立ち回りなど
基本的なことの講義、実技を受けました。

当時は、リモコンで車を止めるなど、様々な車の改造金額は、車両本体価格を遥かに超える額を聞かされて驚きました。

更に、常駐警備と違い、防弾チョッキや、ヘルメットなど、狙われることを前提にした装備を実際に見ると・・
選んだ仕事の、厳しさに改めて緊張感が増しました。

競馬場などの売り上げやら、ジュラルミンケースの現金も腰をやってしまうほど、重いものです。
研修では、全身筋肉痛になるほど、スクワットやら腕立て伏せを恐ろしくやりましたが。
やはり、筋力は戦うとかではなく、仕事上も筋力あるに越したことないので、日常筋トレも必須。

通常?の研修は時に、厳しくもやはり大手研修とは雲泥の差

警備会社をいくつか転々としましたが、最初は、どこも新任研修があります。

大体は、配属先の場所ではなく、公の警備講習を受ける施設や、警備会社の本社の一室などで、座学や教練などを学びます。

法律により時間数は定められていますが、警備会社によっては、かなりアバウトな会社もありました。

どの位アバウトかというと、ほぼ教官が教えるということがなく、警備に関するビデオを規定の時間よりも、はるかに少ない時間
視聴させて終わり。半日もかかっていない・・

小規模警備会社あるあるなのか、昔はグレー過ぎる会社全然ありましたね・・

まぁ、教練など、声を張る場面はありますが、大手のように、一心不乱で全力を強要されたり
ミスには、連帯責任罰則などもないので、ご安心ください。

警備員の仕事、関連記事

施設警備の仕事をやってみた感想

警備員で現金輸送の仕事した。危険なのか?!過去を振りかえる