アパート、マンションなどの巡回清掃の体験談

アルバイトで、アパートやマンションなどの巡回清掃。建物にもよりますが、月に2~3回ぐらい、定期的に、建物内の掃き掃除や雑草取り、手すりなどの共用部や廊下
エントランス周りの窓などの共用部などを、一日に、数件、車で回って、清掃するバイトを以前やっていました。面接時、普通免許は必須ですが、特にそれ以外に、資格や経験は問われませんでした。実際やってみて、きつかったこと、良かったこと、経験談が参考になれば幸いです。

最初は、作業中の車の停め場所や巡回清掃の道順を覚えるのに苦労しました

入って、3日くらいは、先輩について、色々と習いながらやらせていただきました。そこで、作業中に停める場所やらも教わるのですが、少し、地元から離れ、土地勘もないところだったのもあり、どこを走ってるのかもわからず、かなり苦戦しました。
ローテーションで、清掃契約を結んでる建物を巡回して行くのですが、その総数が100は軽く超えるぐらいあり。
最初のうちは、ある程度、わかりやすくて、清掃しやすい清掃物件をあてがってもらえたのですが、
しばらくすると、カーナビ頼みで、知らないところに行くことになるので、
道順もわからないし、どこに停めようか?停めるとこない・・など

宅配の方に比べたら、全然大したことではないのでしょうが、掃除以前に、場所を探すストレスがあってしんどかったですね。
アパートなどは、基本的には、車が停められるような、スペースはない場合も多々あり、そういう場合でも
なんとか、邪魔にならないように、幅寄せして、車のフロントガラス越しに、
ただいま清掃をしております
ご不便おかけし申し訳ございませんの置き紙。

配達などの、トラックなどには、よくクラクションならされたりなどもありました。
全く停めスペースがない現場などは、本当に現場行くのが嫌でしたね・・
最低限の道具で、バイクで行ければと思ったりもしてました。

登録制のエリクラ(清掃、点検など)は、登録するも、仕事はやらずに断念

基本的には、低賃金での巡回清掃の仕事。少しでも、何か生活の足しに、副業をと考えるも、何の技術もない自分。
考えられるのは、経験を問われない軽作業、結局、アプリで登録して、簡単にはじめられそうなエリクラに登録。

基本ルールは、自分の働いている会社の巡回清掃と似通ってはいるが、写真のあげる枚数などもかなり多め・・
あとは、出来そうな近場の仕事案件がほとんどやりつくされていてない・・
かなり手ごわそうなマンションとかでも単価がかなり安い・・

結局ネームプレートだけ作ったけど、非効率なので、エリクラでの勤務は断念。
詳しくは、エリクラでの清掃バイトをやらなかった理由

現場に着いたら、全体的にみて、汚れなどが特に目立つところを見極める

ある程度、基本的には、通路や手すり、電球の球切れがあれば交換など、やるべきことは決まってはいます。
大切なのは、目立つところは確実にやって、あとは、そこそこの感じで全体をやる。

建物すべてが汚れてるわけでもなく、全体的にまんべんなくやると、時間がかかり過ぎて終わらない。
忘れてしまうと大変なのが、掃除前と掃除後の比較写真。
目立つところをパチリ、清掃後にパチリと証拠写真を撮ります。

例えば、午前中4件、午後4件と8件巡回清掃で回るとすると、移動時間なども考えるとそうそう時間をかけられません。
最初の頃は、時間配分や要領も得てないので、お昼休憩なども、まともに取れずにいましたね。

この辺は、最初は、道もわからなくて、ナビがあるとはいえ、迷ったり、間違えたりしながら、徐々にペースをつかんでいきました。

共用部で水道の設置がない現場は、なかなかやりづらくて大変

共用部の廊下などは、掃き掃除をしてから、モップ掛け、あるいは、全体を水で流して洗浄清掃などするのですが、
中には、水道のとれない厳しい物件もあり、そんな場所に対してはタンクなどに、水を持参して対応します。
最初は、水道のとれる場所もなかなか見つけられず、時間をロスしてました。物件によっては、雑草だらけで土に埋まりかけてたり
もありました。
まぁ、それでも、水道とれないよりは、全然いいです。水道ないと何かと、不便。

水道の元に、長いホースを取り付け、廊下や玄関周りなどを水でながす。
全ての現場で、出来るわけではないのですが、水を上手くつかうと、写真映えもするのと、掃きやモップだけではとれない、
積み重なった汚れも落ちやすくなります。

ただ、未熟な自分が、やると、ホースのさばきや、巻き取りなど、思いのほか時間かかるので、あまり、積極的に
水撒き清掃はやれてなかったです。

しかし、ベテランで仕事の手際のよいかたは、水の使い方が実に上手く、なおかつ速い・・
アパートやマンションが、清掃中に入退室する場合にでも、迷惑がかからないように、水浸しにならぬように、排水口まで、汚れを
水と共に押しやる。
階数の高いマンションなどは、リールホースを2つ繋げたりして、最初は、外れりしたら大変なことになるので、
かなり、緊張感ありながら上階から下階へ向けて水を流してました。

巡回清掃、アパートとマンションでは、かかる時間が段違い

巡回清掃は、日に10件以上こなすこともありますが、回る件数は、おおよその目安でしかないです。

特に、アパートとマンションとでは、清掃自体やることの増減はあれど、基本は同じ。

しかしながら、マンションでは、エントランスや、自動ドア、エレベーターなど、住人の方の出入りを妨げないように
なおかつ手早くキレイにしていかないといけないので、アパートよりハードです。

エントランス周りの植え込みの散水やごみ集積所の清掃、分別などもやったり、あっという間に1時間かかることもあり
階数のあるマンションなどは、さらに時間がかかります。

マンションに対してアパートは、エレベーターやエントランス周りの清掃など、圧倒的にやる面積が少ないので
基本的には、気持ちは楽です。

巡回清掃は、屋外作業なので、季節、天候により、作業内容に変化あり

季節により、カラダがきついのは、やはり夏場ですね。ムシムシした湿気に加えての暑さは、疲れは倍増します。
さらに、夏場の雨でカッパなどを着込んでやるとなると、ムレムレで、汗と雨でサウナ状態で、本当に、やばいほどぐしょぐしょになります。

大体、お昼はコンビニとかで済ますことが多いのですが、汗臭くてずぶ濡れなので、、店に入るのも着替えたりで、着替えが何枚か必要ですね。

疲れ方は、夏場が最も、きついです。あとは、やはり、雨の時は、掃除がしにくい、何をしても濡れる・・
とくに、写真撮る時の黒板が濡れて、チョークも書けなかったり・・と
細かいところでの負担が増えます。

春はそれほどでもないのですが、秋にかけては、落葉の後始末。
大きなマンションで、大木などあって、ひらすら落ちまっくったりもしてるので、かなり、時間に追われます。

ベテランの方で、自前の送風機で落ち葉を集めたりして、上手く時間短縮してる先輩もいました。
しかし、自前で買えるほど、稼ぎもなく、自分は手作業でなんとかやってました。
この辺は、入る会社によって、差があると思います。自分が働いた場所は、手袋や作業着、長くつ、カッパなども、自前だったので
最初は結構出費がかさみました。

最初は、作業着もないのか・・と思いましたが、
辞めるときに、クリーニング代とか返す手間などかからなかったので、その点においては良かったです。