食品関連の工場でアルバイトした感想

長期にわたってではありませんが、チーズで有名なブランドの工場でチーズ作りの一部を。コンビニのお惣菜や麺類などの盛り付けていく流れ作業。うどん関連がメインの工場。冷凍、冷蔵の食品を仕分けしたり、種別に箱づめしたりする作業など。短期間ながらも、過去に経験した仕事の良かったことやきつかったことなど感想。

当たり前のことなんですが、衛生面、清潔感には厳しいです


複数の食品工場で働いてみて、共通するのは、頭もカバーした完全防備のツナギを着用する。
マスクは当然のこと、爪の長さ、手洗いでも、ブラシを使い爪の中まで洗浄する。髪の毛や、細かなホコリを除去するために、工場の
入室前には、エアーシャワールームみたいのが入口にあり、そこで吹き飛ばしてから入るのが義務づけられています。

今はコロナ渦で、マスク生活も日常で慣れていますが、
働いていた当時は、マスクなどほぼすることもなく、髪の毛が出ないようにネットをして更に帽子。
全身防護の作業着が最初はなんとも不自由に思いました。

うどん作りの最初の工程作業は肉体労働でした


最初に配属された場所が、20キロの粉を投入して、うどんを作る最初の工程だったので、マスクしてるだけで余分にキツイ感じ。

食品工場なので、基本的には寒いのですが、ここの工程では、汗がだらだら・・キツイ。
うどん工場では、最初の粉と水からこねる工程の一部を手伝うのが、力仕事で大変でした。20キロの粉袋を開封して
機械のタイミングにあわせて、投入。
こねられた生地を、取り出して、また違う容器に入れたり、台車にのせたり
また別の機械に投入したりと、手の握力も奪われ手首も常時痛い・・
差過ぎに女性にはやらせてない工程。

選別や箱詰め作業、流れてくるスピードについていくのに必死でした

基本的に、手先の器用さもなく、手の遅い自分なので、最初は、ついていくどころかまともに作業できなかったです。
先輩達のフォローにより、なんとか成立してる感じでした。

徐々に慣れてはきたものの、とても余裕をもってできる感じではなく、時に怒鳴られたりしながら、なんとかやってましたね。
基本手的には、親切な方もいるのですが、配置によっては、やたらとピリピリ感出す、圧の強い人もいて、
うどん工場では、仕事には慣れても、中々、気持ちを穏やかに出来る雰囲気の職場ではなかったです。

うどん工場では、終盤の工程で、箱詰め作業もやりました。
この箱詰めのために、たとえば、どんどん流れてくる、袋詰めされたうどん(凍っている)を3つ重ねて1セットにしたり
やはり、種類もいくつかあり、ツユを入れたり、油揚げ入れたりと
行き先により、やることも違い、それをまた覚えてないと仕事ができないので

慣れないのと不器用さもあって大変でした。

仕分けをする際も、包んでる袋に破れなど破損がないかと、確認しながらなので、最初の内は、余裕もなく、破れなどを見逃しては
怒られてました。きつかったのは、スピードになかなかついていけなかったのと、基本的に流れてくるうどんは凍っているので
手が異様に冷たくなるところです。

そして、自分は視力が悪く、メガネをかけているのですが、マスクしてるのも手伝ってメガネがすぐにくもります。
作業場所により、移動したり、温度差のある職場でもあったので、くもりまくりでした。
かといって、作業中、メガネをぬぐうタイミングもなく、たとえぬぐっても、またくもるので、メガネ使用してる方は
くもり止めが必須。

ロッカーや休憩場所から、作業現場まで距離があるケースは時間に注意


働く食品工場により違いはありましたが、割と、休憩場へ行くのは、時間かかったりしました。
職場に入るのと違って出るのは、手袋を外すくらいで、問題ないのですが、

戻ってきて、入るのに、やはりエアーシャワーやら、入念な手洗いが必須。
更に、職場によってですが、作業用のツナギ服に自分で、
粘着テープのコロコロでホコリを除去、更に自分でコロコロがしづらい背中側や頭部は、誰かに頼んで、やってもらい
その都度サインしてもらわないといけない厳格なルールの会社もありました。

往復の移動距離は仕方ないにしても、その分休憩時間が加算されるわけでもなく

多少は、大目に見てくれてはいましたが

10分ぐらいの休憩など、あっという間なので、休憩場でお茶を飲んでても、あまり休んだ気はしませんでした。

多少現場により、ルールの厳しさは違えど、おおむねルーティンは似通ったものです。
ホコリ、髪の毛など、事前に防げるものはしっかりとする感じです。

まぁ、でも、髪が長ければ束ねるなどして、ツナギ来て帽子をかぶった時に髪の毛が出ないように
爪を短く切ったりなど、普通に対処できることなので、もろもろのルールは慣れだと思います。

どんな職場でも、最初は皆さんの周りの方の名前を覚えようとは、気を配るのですが、
食品工場だと、基本はマスクしての完全防備で目しか見えない・・

身長やら体形も似通ってると、先輩達の区別もつかないこともありました。お昼を一緒に食べることもなく、まともに
顔を見ることがない方ばかり
実際、働きだすと、出勤と退勤時にロッカーで着替えるときぐらいですが、全然名前と顔が一致しませんでしたね・・

自分のつく持ち場により、違いはあれど、基本は立ちっぱなし

力仕事などが含まれるなど、違いはあれど、基本は立ったままの仕事。

隙のない作業着の圧迫感で、食品工場なので、低温で寒い、薄手の手袋ごしに冷たい(凍った)食材を仕分けたり。

手の冷たさ、カラダの冷たさ、立ちっぱなしと環境だけでも中々のハードさです。